2015年08月28日

ジュラシック・ワールド

先日、映画「ジュラシック・ワールド」を観に行きました。
1作目の「ジュラシック・パーク」が公開されたのが1993年。
当時、観に行って大変面白かった記憶があり、久しぶりの続編という
ことで公開前からとても楽しみにしていました。

観に行く前日、テレビで「ジュラシック・パーク」をやっていたので、
復習をかねて久々に観てみたのですが・・・
「あれっ、こんなにのんびりした映画だったかな?」と
いうのが正直な感想でした。

翌日、「ジュラシック・ワールド」を観に行ったら展開が早くて
2時間飽きることなくドキドキハラハラ観ることができました。
映画の中で、「消費者は常に貪欲に新しい刺激を求め続けるから
提供する側はそれに応え続けなければならない」というようなセリフが
でてくるのですが、妙に納得しました。

ですが、やはり1作目のほうが個人的には好きです。
展開が遅い分、ストーリーが丁寧に描かれている気がしますし、
最初にみた時の高揚感がよみがえってくるからです。

映画を観るのが好きでよく観に行くのですが、最近時空を超える
話とか複雑な設定が多くて、「あれって結局どういうことなの?」
と後で説明をうけることがしばしば。
現実の世の中と同じく、映画の世界もだんだん複雑になっていっているので
困ったものですふらふら


税理士法人 福岡中央会計 脇田さおり

福岡 税理士 税理士法人 福岡中央会計
posted by 税理士法人 福岡中央会計スタッフ at 10:10| 日記